注射なんて怖くない!

注射が上手になるためには・・・

血管について知ることで

 上手い注射業務をするためには、患者の血管を見極める力を付けていくべきだとおっしゃっているナースが数多いことでしょう。患者によって血管の太さが様々あるため、多様な血管に対応できるくらいの注射スキルを習得する必要があるのです。注射の数をこなすことで患者の血管の特徴を知るようになるため、おのずと患者の血管に注射針を正確に刺すことができるようになります。出来るだけ患者に痛い思いをさせず、患者の体への負担が少なくなるよう、気を配っているのではないでしょうか。その為に、血管の特徴を知ることは重要なことだと思い、注射スキルの向上に余念が無いのだと思います。

 これから注射をして貰う患者は、なるべく注射が上手いナースに当たりたいと切に思っていることでしょう。自分の血管は注射がしづらいのを理解していて、注射のコツを熟知しているナースに希望を託しているのです。殆どストレスを感じることなく注射を終えたときに、自分を注射してくれたナースを素晴らしく感じていきます。

 注射スキルを高めるために血管の勉強をしているナースは、血管の知識を習得することで、注射のコツをつかむことにつながると信じていることでしょう。血管のことを深く知ろうとする意識の高さが感じられて、その知識の習得が自己発展に結びつくと思っています。血管の知識を習得したときに、大きく飛躍できたことを肌身に感じるのです。近いうちに上手い注射ができるようになるはずだと思っています。

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>